土葬の現状を知る

日本の埋葬文化

現代の日本の埋葬形式は仏教形式の火葬が殆どになっておりますが、日本における埋葬の紀元前の縄文時代には埋葬した形跡が遺跡発掘で発見されていますが、屈葬と呼ばれる方法で遺体を折り曲げて埋葬しております。
その後の弥生時代には掘った穴に土葬して上に石を置いた墓が出て来ています。
前方後円墳などの遺跡からは身分の高い方を埋葬した古墳が残っておりますが、何れも遺体は火葬にしていません。
日本で火葬する習慣は仏教伝来が大きく影響したようですが、実際に火葬が庶民の埋葬に浸透し始めたのは仏教の葬儀方法が普及された平安時代以後になります。

 

しかし、実際には明治時代までは長いこと土葬のほうが中心で土葬は全体の一割程度だったそうです。
第二次大戦後になって大都市を中心に核家族化が進んで墓地も小さな家族墓になったことが影響して火葬が急速に都市部を中心に増えてゆきました。
それでも1960年代の頃で全体の30%が火葬でしたが、現在では火葬が99%を超すほどになっております。
日本のように長い歴史を誇る民族の埋葬法が土葬から数十年の間に急速に浸透したことには驚かされます。

 

長い間に日本民族が親しんできた土葬から短期間の間に火葬に移行した背景には第二次大戦後になってからの「墓地・埋葬法令」が大きく影響したこともありますが、日本人の長い間に育んできた死生観と死後の魂の存在を意識してきたことが、遺体という物質的な死生観ではなく魂を重んじることからの遺体処理に対する寛容さが有ったからと考えられます。

 

古代からの埋葬方法の種類

日本での埋葬の歴史については縄文時代に「屈葬」と呼ばれる形で遺体を折り曲げた形で土葬にしていた遺跡発掘が発見されておりますが、詳しいことについては不明な部分が多くてはっきりしていません。
弥生時代には木棺や甕棺に遺体を納めて土葬にしていたようですが、全国に分布している古墳から発掘されるものは位の高い支配階級のものです。

 

江戸時代の初めに書かれている「続和漢名数」という書物に記載されている内容によりますと、古からの日本の埋葬方法には「土葬・火葬・水葬・野葬・林葬」の5種類が存在していたようであります。
「野葬」の習慣は古代から世界の様々な民族において自然葬として野に放置して置くものですが外国の種族によっては「鳥葬」として野生の鳥に遺体を食べさせることで、鳥の身体に入って天空に旅立つという考え方をしているものもあります。
「林葬」の場合では遺体を木の上にそのまま置いたり、柩に入れた状態で気の上に設置する方法が取られておりました。
この他にも「水葬」で遺体を大海に流した方法もありましたが、日本に仏教が普及され始めた6世紀頃より土葬と火葬以外の埋葬文化は無くなっております。

 

日本に仏教が伝来されてから火葬が日本でも行われるようになりましたが、それも一部の仏教を信仰する上流階級のもので有ったようです。
日本での埋葬文化の主流はほとんどが棺に納めて地中に土葬するものでした。
棺の形は遺体が座った姿勢で納棺する桶のように縦長の形をした「座棺」と、遺体が寝ている状態で納棺する「寝棺」の二種類が有りました。

 

 

語学力より重要?留学前の準備とは
http://www.shoesinstock.com/

 

留学する前に必ずチェックしておきたいものをまとめてくれているサイトです。
留学前は要チェック!

 

意外と知られていないアイリストという職業
http://www.nadeshiko-b.com/

 

アイリストになるにはどうしたらいいのかなど、あまり知られていない情報が
書いてあります。